上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

【自己資金不要で不動産投資物件を手に入れる6つの方法】不動産投資で不労所得を得る仕組みを作りたい!でも自己資金が用意できない!この冊子は自己資金を用意しないでも夢の物件購入を実現します。



資料集めは、こまめに不動産業者に電話をかけること
 
新聞、新聞の折り込み広告や雑誌に載っている広告、

「週刊住宅情報」などで、自分の興味を引く物件があったら、

勉強のつもりで不動産業者に電話をしてみよう。


 私の場合は、たいてい次のように電話をかける。

「すみません。新聞の折り込み広告を見たのですが、

○○の物件について伺いたいのですが、図面をファックスで送っていただけないでしょうか?」

 (家に電話切り替えのファクシミリがあるとすごく便利である。)

 そして、自分の氏名、電話番号(ファックス番号)、住所を告げる。

 しばらくすると、図面が送られてくるので、その図面を見ながら、

利回りや空室状況など、自分が聞きたいことを質問するといい。

 気に入った物件であれば、お願いすれば、すぐに、

現地まで物件を見に連れて行ってくれる場合がほとんどである。

 大切なことは、不動産業者に、

 自分がどんな投資スタンスで臨みたいかをきちんと話しておくことである。

 私の場合は、自分の持ち出し(自己資金を)をできるだけ少なくして、

ローンをできるだけ多く組みたいことを伝えておいた。

 つまり、担保価値がある物件を購入したいという意思をはっきり伝えておいたのだ。

 そのようなことを伝えておくと、まだ、広告などに載らない物件が出てくると、

すぐに電話で知らせてくれる場合がある。

 また、自己資金をいくらまでなら出せるということもきちんと伝えておくといい。

 


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2009.01.31 Sat l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

夢実現! 不動産投資キャッシュフロー 簡単!一発計算



『住宅情報』はもってこいの参考書

 私は、不動産投資に関する本を読みまくると同時に、

毎週のように「週刊住宅情報・首都圏版」(リクルート社)を買っては、

不動産に関することを勉強していった。

「週刊住宅情報」には、

不動産購入に関するありとあらゆる情報が詰まっているといっても過言ではない。

 例えば、坪単価がそれぞれ出ているので、

物件の値段が高いか安いかを比較検討することができる。

 ローンを組む場合の金利が借入先や期間別にそれぞれ出ているので、

収支や毎月の返済計画を自分なりにシュミレーションすることができる。

 競売物件の最低価格を知ることもできる。

など、など・・・「週刊住宅情報」は、不動産について勉強するにはもってこいの参考書となる。

 中でも役に立つのが、

 事業用不動産

というコーナーである。

 オーナーチェンジのマンションやアパート、収益ビル、店舗などが載っている。

そこには、最寄の駅名、徒歩何分、所在地、価格、土地面積、

建物延べ面積、築年数、総戸数、法令上の制限、用途、種別、

特記事項、引き渡し日、取り引き形態、問い合わせ先、などが書かれている。

 特記事項には、さらに、間取りや、家賃収入、

年間利回りなどが書かれているので便利である。

 興味ある物件が見つかれば、問い合わせ先に、

電話をすればいろいろ親切に教えてくれる。

 「週刊住宅情報」は、不動産に親しむにはもってこいの情報源である。
 


人気ブログランキングへ
2009.01.30 Fri l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

【不動産投資のノウハウと裏技大公開】全153ページ、12万文字にも及ぶ投資のノウハウをこの価格で完全公開!失敗しないことを第一に考えました。これ1冊で初心者でも確実に優良物件を入手可能です!


・「やっぱり「マンション投資」は儲かるぞ!」茨木良介(かんき出版)

・「「マンション投資」はますます儲かる!」茨木良介(かんき出版)

・「マンション投資はそれでも儲かる!」茨木良介(かんき出版)

・「確実に「資産」が増える不動産投資の本」佐久間文(かんき出版)

・「「不動産投資」はまだまだ儲かる!」佐久間文(かんき出版)

・「まだまだ儲かる不動産投資ノウハウ集」佐久間文(ビジネス社)

・「主婦が書いた5年で1戸建てを手にする方法」宇野澤まり子(かんき出版)

・「今すぐマイホームを獲得する本」田中虎彦(かんき出版)

・「サラリーマンのままで2億円長者になる方法」大木哲彦(中経出版)

・「とことん高利回り実践!ワンルームマンション経営入門」田中実(ビジネス社)

以上が、私が勉強になり不動産投資をする上で役立った本である。

ここで、大事なのは、不動産投資を推進・肯定する立場の本だけを読むのではなく、

不動産投資を否定する立場の本も読むことである。

もちろん、不動産投資に否定的な本ばかり読んでいると、

心配事が多くなり、慎重になり過ぎて、結局は、行動に移せなくなってしまうという危惧もある。

しかし、賛否両論をきちんと知った上で結論を出した方がいい。

決して安い買い物ではない。

あなたの人生を左右する大きな買い物なのだ。

最終的には、自分の判断で決めることである。

責任も自分にあるのだ。

自分の人生は、自分で決めて歩んで行くしかないのだ。



人気ブログランキングへ
2009.01.29 Thu l 不動産投資 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

★特典付き★不動産屋も銀行員も愕然!!現役不動産投資家が”儲けるノウハウ”を伝授!!自己資金無しから始める不動産(収益物件)入手法!!更に収益UP!【収益物件マル[秘]運用ソフト】付き!!


以下に、勉強に役立つであろうと思われる本を紹介する。

・「頭金ゼロで3億円のマンションを持った」石井勝利(海南書房)

・「マンション投資で1億円の財産をつくる方法」石井勝利(ダイヤモンド社)

・「億の資産はだれでもつくれる」石井勝利(海南書房)

・「マンション・家・土地投資はまだまだ儲かる」石井勝利(明日香出版社)

・「年収500万円からのマンション投資」石井勝利(海南書房)

・「ワンルームマンション投資大作戦」石井勝利(ビジネス社)

・「3年間で3億円マンション投資はやっぱり儲かる」石井勝利(経林書房)

・「はじめての人の不動産投資入門塾」石井勝利(かんき出版)

・「入門・不動産で儲ける極意」甲斐三次(山下出版)

・「所有不動産を10倍に増やす法」甲斐三次(山下出版)

・「不動産だけが儲かる」甲斐三次(山下出版)

・「マンション投資で儲けと夢をつかむ方法」甲斐三次(山下出版)

・「37歳・年収500万、5億の資産をつくった体験ノウハウ」丸田満穂(明日香出版社)

・「30代からのマンション年金」丸田満穂(ビジネス社)

・「新マンション年金プラン」丸田満穂(ビジネス社)


人気ブログランキングへ
2009.01.28 Wed l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

毎日5分で月に650万稼ぐ、らくらく不動産投資法!!


第2章 資産2億円を築いた私の不動産投資実践記録


不動産投資に関する本を読みまくる

私は、本から不動産投資というおもしろい世界があることを知った。

次から次へと、不動産投資に関する本を買っては読んでいった。

次に紹介する本が、私が収益型不動産を手に入れるのに役立った本である。

何回も読み返した本もある。

中には発行年がかなり古い本もある。

それらの本は、古本屋にいくと安価で手に入れることもできるであろう。

いずれにしても、本に書いてあることを鵜呑みにするだけでなく、

自分なりに勉強していくことが大切である。

最終的には、自分なりの投資方法を考えていけばいいのだ。

そのためには、ただ本を読むだけでなく、

実践しながらあれこれと試行錯誤していけばいいのである。

人気ブログランキングへ
2009.01.27 Tue l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

ドバイ不動産投資マニュアル[実録編]

私の読んだ「不動産投資」に関する本の中で、

『所有不動産を10倍に増やす法』甲斐三次著(山下出版)という本がある。

甲斐三次氏は、本の中で、化学博士のジェリー・バス氏がコンピューターを駆使して、

最も有望なビジネスを探し当てたことを紹介している。

その最も有望なビジネスとは、

不動産こそが、富をもたらす最高のビジネスだ

という、ことである。

ここでいう不動産とは、アパートやマンションなどの収益型の不動産のことだ。

化学博士のジェリー・バス氏は、自分も小さなアパート経営から始めて、

次々と収益型の不動産を増やしていき、最後には、アメリカン・ドリームを実現し大金持ちになったということである。

チリも積もれば山となる

最初は、誰でも、小さなことからスタートする。

小さいことの積み重ねが大きな力となっていくのだ。

日本では、「森ビル」の例がある。

元横浜市立大学の教授であった森泰吉郎氏は、

賃貸ビルの経営を55歳の時に始めたそうである。

1棟から始め、コツコツとビルの棟数を増やし、大金持ちになっていったのである。

あなたにも、大金持ちになるチャンスはあるのだ。

過去の成功例を真似ながら、自分なりに考え、行動していけばいいのである。

人気ブログランキングへ
2009.01.26 Mon l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

頭金不要の1棟買い不動産投資で金持ちになる


また、収益型の不動産を持てば、

生涯賃金の2倍を稼ぐ

ことも十分可能である。

それどころか、やり方によっては、生涯賃金の何倍ものお金を得ることも可能なのだ。

お金持ちのほとんどは収益型の不動産を所有している

自分の近くにいるお金持ちの人達を見てみると、ほとんどの人が、

収益型の不動産を所有している

ことに気づく。


人気ブログランキングへ
2009.01.25 Sun l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

タイムワープで成功するサラリーマンのための不動産投資成功法


給与以外の収入があれば余裕が生まれる

最近、中高年の自殺のニュースをよく聞く。

本当に悲しいことである。

その多くが、会社をリストラされ、収入の道を閉ざされたことが原因である。

人間、自分がすがるところが1つだけだと弱い存在である。

こんな時代だからこそ、

会社の給与以外にも収入を得る道を考えておこう。

複数の収入を得る道が理想である。

そんな時、サラリーマンだからこそできる不動産投資がお薦めである。

サラリーマンという信用を武器にするのだ。

サラリーマンこそ、お金を借りやすい立場にいるのだ。

これを利用しない手はない。

会社勤めをしながら、手間をかけずに収益型の不動産を持つことができる。

少々のお金と決断さえできれば、実現可能である。

まず、給与以外の収入があれば、気持ちが楽になる。

いつ会社を辞めても大丈夫という気楽さから、心に余裕ができる。

また、会社の方針や上司と意見がくいちがった場合も、

自分の心を曲げることなく、遠慮せずに物を申すこともできる。

気をつかうことが少なくなり、ストレスも減る。

何よりも、より自分らしさを出せる!ことが、メリットである。



人気ブログランキングへ
2009.01.24 Sat l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

不動産投資の極意!~不動産購入から大家になるまでのノウハウを詳しく説明!失敗しない不動産投資のために!~

私のとりあえずの目標は、静岡のおばあちゃんである(妻の祖母)。
 
現在90歳でなお現役で働いている。

今年の夏には、おばあちゃんが歩けるうちにと孫が海外旅行を企画したのだが、

最終的には、おばあちゃんが、子や孫、ひ孫までを旅行に招待するという形になった。

なぜ、おばあちゃんがこんなにお金に余裕があるのか不思議に思われるだろうが、

その鍵を握っているのが、まさに収益型の不動産なのである。

おばあちゃんは、戦後、家族を養うために仕方がなく、瀬戸物屋をやることになった。

商売で儲けたお金で収益型の不動産を少しずつ増やしてきたということだ。

本格的に動き出したのが70歳を過ぎてからだというから、

驚くとともに、そんなエネルギッシュなスーパーおばあちゃんに私は、憧れてしまうのである。

おばあちゃんは、自分の3人の子どもが、万が一収入が途絶えた時のことを考えて、

それぞれに収益型の不動産や土地を与えている。

現在では、毎年、相当額の税金を納めているという話だ。

おばあちゃんは、自分の子どもだけでなく、

孫やその家族にいるひ孫のことまでいろいろ気を使い心配してくれる。

時には厳しく、時には優しく、自分が歩んできた経験に基づいていろいろアドバイスしてくれる。

自分の経験から出てくる言葉なので、おばあちゃんの言葉には重みがある。

親身になって考えてくれるので、子や孫、ひ孫・・・皆に慕われているのだ。

人に頼られるということは、幸せなことである。

何よりも存在感がある。

90歳を過ぎてもなお、人から頼られて、

感謝されて日々を過ごしているおばあちゃんが、私の理想とする老後の姿なのだ。




人気ブログランキングへ
2009.01.23 Fri l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

20代でもアパートオーナーになれる驚異の不動産投資法【1棟買うまで完全永久メールサポート付き】20代不動産投資法特別版

1999年7月17日(土)の『朝日新聞』朝刊の1面には、

次のような見出しが載っていた。

「老後に不安」85パーセントに急増

大都市やサラリーマン層で多く

生活費、介護に懸念

中でも、老後で特に不安なのは、

生活費など経済的な不安であるという記事が載っていた。

定年後、年金だけでは、ほとんどの人が不安を感じているということである。

さらに、年金そのものさえ、あてにすることはできない、

と考えている人も増えてきている。

こんなときに、頼りになるのが、収益型不動産からの収入である。

年金+不動産年金で創造的に生きる

ことができる。

現在、定年は、ほとんどが60歳である。

自分の親を見ても、まだまだ気力も体力も十分である。

定年後は、お金よりも生き甲斐である。

自分の好きなことができるということは、幸せである。

しかも、自分の好きなことをすることが、

世のため人のためになれば最高である。

お金は無いよりも、あった方が、

好きなことができる確率はグンと高くなる。

お金を自由に使える老後が望ましいのは、言うまでもない。

それをかなえてくれるのが、私の薦める収益型不動産なのである。


人気ブログランキングへ
2009.01.22 Thu l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

元銀行融資担当が作った【辛口ピリリ不動産投資判定ツール】


 私の場合は、リスクも考えて、

1棟のアパートの半分が空室になった場合でも、

家賃収入からローン返済額を引いたものが、

プラス収入

になるように、考えている。

 このようなローンの組み方も充分可能である。

 次の2つがポイントになる。

①利回りが、10%以上の物件を探す。

 利回りは、多ければ多いほどよい。

②ローンをできるだけ長い期間で返済するようにする。

 まずは、利回りのいい物件を探すことが一番である。

ここ数年は、このような有利な物件がすごく探しやすくなってきている。

 是非、このチャンスをものにしてほしいと強く願っている。

収益型不動産は心豊かな老後をかなえてくれる

 収益型不動産を持つことのメリットは、そこから

収入を得ることができる

ということだ。


人気ブログランキングへ
2009.01.21 Wed l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の不動産投資フルローン日記です。

高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法


給与以外の収入があると生活は変化する

 何よりも自分の心のありようが変わってくる。

 例えば、私の場合は次のようなことがあげられる。

 読みたい本や興味ある本を躊躇せず購入し、思う存分読むことができるようになった。

毎月、2、30冊の本を購入し、読書を楽しんでいる。

 年に1度くらい海外か国内旅行を家族で行けるようになった。

ここ数年は、毎年のように家族で旅行に行き、楽しい思い出を残すことができた。

 お金のことをあまり気にせずに、年に何回か祖母や両親にお小遣いやプレゼントをすることができるようになった。

 親孝行をする機会が増えた。

 人に物をあげたりする機会が増えた。

 お金や物を贈ると、人は喜んでくれる。

他人が喜んでくれると、私はとても嬉しくなる。

他人が喜んでくれることに、自分の幸せを実感することができる。

 もちろん、お金や物よりも心が大切なことは、言うまでもないが、

お金があったほうが、人に喜びを与えられるチャンスは多くなると私は、考えている。

 自分のやりたいことがより明確になり、夢に向かってできそうだ!という自信が湧いてきた。

 ワクワクすることが増え、生活に張りが出てきた。

など、など・・・収入が増えることのメリットは大きい。

 しかし、アパート経営は、いいことだらけというわけではない。

 家賃の滞納があったり、突然の修繕が必要になったり、・・・などの心配事もある。
 
 もちろん、アパートの場合は、いつも満室という保証はない。

空室になるというリスクも考えなければならない。

 常に満室で全てが順風万帆というわけにはいかないのも事実である。

ある程度の精神的なタフさも必要である。


人気ブログランキングへ
2009.01.21 Wed l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
不動産投資DCF法レバレッジ方程式

・今できることから始めよう!・・・始めはみんな素人だ!

第1章 収益型不動産は幸せな人生設計を可能にする


月収34万円。私が購入した3つのアパートで悠悠自適

 3つのアパート購入は、ほとんどが銀行やノンバンクからの借入れによるものである。

 毎月の家賃収入とローン返済額の実際の収支は次のようになっている。


物件名       家賃収入     ローン返済額 プラス・マイナス

茨城のアパート   74、000円   68、719円   5、281円のプラス

北海道のアパート 236、000円  177、024円  58、976円のプラス

神奈川のアパート 463、000円  180、742円 282、258円のプラス

 3つのアパートは、ローンを返済しても、いずれもプラスの収入がある。

 合計すると、収入は約34万円もある。

サラリーマンの給与所得と同じくらいの収入を不動産から得ることができるのだ。

 まさに、

稼ぐ不動産は、第2の給料

となるのだ。

 しかも、現在は、茨城のアパートは、4部屋中、2部屋が空室である。

同様に、神奈川のアパートも12部屋中、1部屋が空室である。

 もし、この3部屋に入居が決まり満室になったら、毎月の不動産収入は、約46万円にもなる。



人気ブログランキングへ
2009.01.19 Mon l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (1) l top
“フドリッチ”あなたも5年後にロバートキヨサキになれる海外不動産投資法




第5章 購入から約8年の現在              


・ 絶好調と言いたいところだが・・・

・ リフォーム・修繕に約1000万円

・ こんなはずじゃなかった!

第6章 私も幸せ!みんなも幸せ!           

・お金の余裕ができると他人にも優しくなれる

・ みんなが幸せになる宇宙の法則

・ 強烈な思いがあれば願いはかなう

・ 自分の未来は、今何をしているかで決まる


あとがき                         
2009.01.18 Sun l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
不動産投資自動化ツール・一発鑑太郎!


第3章 これを知るだけで億万長者                       

・ 今、読んでほしい本

・ 全ては、信頼できる不動産業者さんとのつながり

・ あなたに特別教えます!私が信頼する不動産業者さん

第4章 幸せな億万長者へのシナリオ           

・ まずは、絶対手に入れるぞ!という強い決意から

・ 100万円貯めよう!タネ銭づくりのすすめ

・ ローンはできるだけたくさん借りて、できるだけ長く返す

・ 私がワンルームマンションを買わなかった理由

・ 不動産投資は若ければ若いほどいい

・ ローン返済するお金があったら別の収益型不動産を買おう

・ 私が薦める物件選びの10のポイント

・ 必ず収益型の不動産を獲得するための5つのポイント

・ 夢を実現するための5つのポイント
2009.01.17 Sat l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
不動産投資で経済的自由を手にする会 プレミアム会員

目次

はじめに                           
                       
第1章 収益型不動産は幸せな人生設計を可能にする                     

・ 月収34万円。私が購入した3つのアパートで悠悠自適

・ 収益型不動産は心豊かな老後をかなえてくれる

・ 給与以外の収入があれば余裕が生まれる


第2章 資産2億円を築いた私の不動産投資実践記録                

・ 不動産投資に関する本を読みまくる

・ 『住宅情報』はもってこいの参考書

・ 資料集めは、こまめに不動産業者に電話をかけること

・ 今は安くて利回りのいい物件はもっとある

・ 北海道にアパートを購入。アパートは遠くにあっても大丈夫

・ 地元の広告にも掘り出し物がある

・ できるだけプロに任せる

・ 私のこれまでの道のり
2009.01.16 Fri l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「100万円でもできる不動産投資術と稼ぎ続ける収益不動産の満室経営術」

 今の時期、不動産を私が購入した時期よりも不動産の価格も大幅に下がり、

さらに有利な物件が、ゴロゴロしている。

 不動産価格の大暴落している、ここ、1、2年が大きなチャンスである。

人の行く裏に道あり花の山

 大暴落した時こそ絶好のチャンスである。

 この好機を読者に伝えたくてペンをとった次第である。

 また、私のようにいきなり自宅を購入するのでなく、

最初に収益型の不動産を購入して、その一部屋に住みながら、

少しずつ収益型の不動産を増やしていけば、よりスムーズに資産を増やすことができる。

 そればかりか、毎月、給与以外の収入があるので、

やりたいことや好きなものを買うことのチャンスも増える。

「今」を我慢せずに生きられるのだ。

 より豊かな人生をおくることができるのである。

 リスクを充分に研究しつつ望めば、

誰でも億の資産と豊かな人生を過ごすことができる。

 本書では、私の経験をもとに、

億万長者へのシナリオをできるだけわかりやすく伝えたいと思っている。

 本書が、自分の夢を追い続ける人の役に立てば、筆者としては、最高の幸せである。

2009.01.15 Thu l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「10年に1度の物件を取得する」 不動産投資成功法

しかし、驚くことに、1億円以上の借金をしても、

アパートや借家などの収益型不動産からの収入があるので、

ローンを返済しても、毎月、約20万円もの収入が得られるのである。

 給与以外にこれだけの収入があると、

かなり自由な、気楽な生活ができる。

 ライフスタイルに変化が起こるのだ。

 自分でもまさかこんなことができるなんて、夢にも思わなかった。

 きっかけは、1冊の本である。

 不動産投資に関する本を読んだことが、きっかけである。

 しかも、古本屋で買った100円の本である。

筆者が体験した、実践記録が書いてあった。

まさに、目からウロコが落ちたという感じであった。

 この本に出会わなければ、今まで通りのごく平凡なサラリーマンを続けていたであろう。

 この本に出会ってからは、3ヶ月目には、アパート1棟目を購入(当時、36歳)。

そして、1年後には、アパート2棟目と持ち家2軒目を購入した。

 また、2年後には、アパート3棟目を購入した。

 自分にとっては、本当にこんなことができるのか?

といったように、自分でも信じられない話のようだが、本当の話である。
2009.01.14 Wed l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「10年に1度の物件を取得する」 不動産投資成功法

当時の前書きには、次のようなことが書いてある。

まえがき

 私は、39歳のごく平凡なサラリーマンである。

年収は、税込みで約700万円。

不動産に関しては、全くの素人であった。

宅建の資格は、もちろんない。

 そんな私が、持ち家2軒とアパート3棟を持つことになったのである。

 もちろん、親からの相続や贈与ではない。

あくまでも、私と妻で購入したものである。

 正真正銘、ゼロからのスタートである。

 それぞれの購入価格は、次の通りである。

・ 持ち家一軒目・・・3450万円

・ 持ち家二軒目・・・5200万円

・ アパート一棟目・・・1900万円

・ アパート二棟目・・・2820万円

・ アパート三棟目・・・4200万円


合計にして、1億7570万円である。気付いてみれば、

約2億円の資産を持つことになっていたのである。

 しかも、購入にかかった費用は、わずか数百万である。

 中には、1円もかけずに手に入れたアパートもある。

 持ち出した自己資金は、驚くほど少ない。

 購入費用のほとんどが、銀行やノンバンクからの借金なのだ。
2009.01.13 Tue l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
タイバンコク不動産投資マニュアル


不動産投資でガッポリ稼ぐ!

サラリーマンの私が3年で2億円

『驚異のアパート投資法・改訂版・上』


―素人の私がゼロから資産2億円を築いた実践記録―

はじめに

 私は、1999年に次のような本を書いた。

 『サラリーマンの私が3年で2億円驚異のアパート投資法』

 素人の私がゼロから資産2億円を築いた実践記録

 この時期は、不況の真っ只中で、

「不動産投資なんてとんでもない!」

という時代だった。

 今は、まさにチャンス!と考え、改めてペンをとった次第である。
2009.01.12 Mon l 不動産投資 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。